虚偽はNG!結婚相談所入会時のプロフィールカードについて

結婚相談所に入会するときには、ご自身の詳しい情報を記したプロフィールカードを作成することになります。ここできちんと正直に嘘偽りなく書いておきませんと、後々大変なことになってしまいますし、さらに必要書類を提出する際に、実際の内容とは違うということが分かれば、入会を断られてしまうことがありますから注意しましょう。

結婚できない人は何かしら自分に消極的で素性を隠したいと思うのかもしれませんが、正直者であるほうが出会った時に困りません。

まず基本的に記載することとしては、名前や年齢、学歴、職業、経歴、出身地などになります。さらには、ご自身の性格(長所や短所について)、趣味や特技、普段の休日の過ごし方、さらには家族構成なども記載することになります。

ここで一つポイントとして、趣味などを書くときには、単純にスポーツ、音楽鑑賞、料理、映画鑑賞など簡単に書くのではなく、たとえば音楽鑑賞でしたらどういった音楽が好きなのか、ということまで具体的に書いておくと良いでしょう。

共通の趣味や好きなことがある相手でしたら、そのことについて話も弾むでしょうし、打ち解けやすくなるかと思います。

また、女性が結構気にするのが家族構成についてです。兄弟は何人いるのか、そしてご自身が何番目なのか、といったことまで書いておきましょう。長男・次男・三男、それぞれ立場が違ったりもしますし、一人っ子もまた印象が違うでしょう。

プロフィールカードは、特に男性よりも女性の方が詳しいところまでチェックする傾向にありますから、男性はそのことを意識して上手に書いておくのが早く良い相手と巡り合うために大切なポイントだと言えます。

ただし虚偽はNGです。嘘をついて結婚にこぎつけたとしても破断になる可能性があります。なぜならこういうことがあるからです。↓
結婚調査を興信所で。相手の素性を調査、内容と費用相場は?